不動産担保ローンを利用した感想

銀行は滞納されても不動産を取得して利益を出せる商売

何しろ担保の不動産はローンをして利用している額よりも高いと自分などは考えていますから、それを持っていかれるという事になれば、これは確実に大損をする事になりますから、そのような事だけは絶対に避けなければという事で、必ず返済はするようになっています。
勿論、不動産という担保が無くても当然返済義務は履行するつもりですが、大損をするという事が分かっている状態では返済を滞らせることはあり得ません。
そのため、何としてでも返済はするという事になるのが、この不動産担保ローンの上手く出来ているところと実感しています。
銀行的にはローンを確実に返済してくれるということが一番良いという事でしょうが、不動産を担保にしている場合には、別に滞納されても不動産を取得してこちらで利益を出せばいいという事になりますから、特に難しい事を考える必要は無いという、どっちでもいいよという万全の状態でお金を貸しているという事になります。
ローンはお金を貸しているだけで、別にそこからお金が発生してくるというわけではありませんから、これが如何に簡単なビジネスなのかという事が分かります。
借りているこっちは必死になって働いてお金を稼いで利息を込みで返済をしているのですが、それで銀行側は何もしないで圧倒的に有利な状態で金利という利益を獲得することが出来るということになっています。

不動産担保ローンは常に差し押さえの不安銀行は滞納されても不動産を取得して利益を出せる商売精神的に弱い人は不動産担保ローンはやめた方が良い

不動産担保ローン / 不動産担保ローン金利